巫女日記

「いの大国さま」の愛称で親しまれている椙本神社のブログです

わぬけ様

こんにちは。

ようやく梅雨らしくなったなと思ったら、早くも6月が終わろうとしていますね。
6月30日(金)は、わぬけ様(夏越祭)です。

夏の暑さの到来を前に、無事に夏を過ごせるよう身を拭い清めて茅の輪をくぐり、人形、形代を神前に納める、一人ひとりの無事息災を祈願する行事です。
1575-02.jpg

境内では摘み絵の展示も行います。
土佐で「摘み絵」と言われている立版古(たてばんこ)は、江戸時代に始まった遊びです。

0619b.jpg

歌舞伎など芝居の名場面を絵草紙から人物、建物、並木などを切り抜き、小さな台や箱で作った舞台に立体的に配置するものです。
舞台の前後にろうそくをともして名場面を浮かびあがらせて楽しみ、土佐では大正末期まで、子どもから大人までが競って作り夏の夜には欠かせない風物だったようです。

紙と木ばかりで作られているため壊れやすく、現在まで残っている作品は極めて少なくなっていると言われています。

現在神社に保存されている立版古は昭和29年に奉納いただいた「あけ烏」「一寸徳兵衛」など八作品があります。

ご参拝の折には、昔懐かしい立版古をぜひご覧ください。


スポンサーサイト

夏まつり

こんにちは。

6月16日の金曜日は、いの大国様(椙本神社)の夏まつりでした。
お天気にも恵まれ、子ども達をはじめ、多くのご参拝をいただきました。

170616-1.jpg

拝殿の左右には、いの小学校の生徒さんによる絵画を展示しています。

170616-3.jpg

170616-4.jpg

午後6時半からは土佐の民話紙芝居を行いました。
沢山の子どもたちが聞きに来てくれました!
いの小学校の生徒さんによる「海さち 山さち」、「いなばの白うさぎ」と市原麟太郎先生による「水くい鳥」が上演されました。
170616-6.jpg

歳時記にも写真を載せていますので、ご覧ください。

夏まつりの紙芝居

こんにちは。

6月16日は、大国様の夏まつりです。
恒例の紙芝居、演目が仮決定しました!

「水くい鳥」を市原麟一郎先生が、
「うみさち、やまさち」と「いなばの白うさぎ」を、いの小学校の生徒さんが行ってくださる予定です。

170604-1.jpg

170604-2.jpg

18時半から拝殿東側の建物で行います。
昔懐かしい紙芝居をぜひ、ご覧くださいませ。

ご結婚式

こんにちは。
気持ちの良いお天気に恵まれた昨日、境内ではご結婚式が執り行われました。

170521.jpg

鹿児島出身の新郎様と高知出身の新婦様。
実は、ご新郎様は高知大学在学中に当神社のお祭りにご奉仕くださった経験をお持ちです。
こうしたご縁もあって結婚式をあげていただき、とても嬉しく幸せな気持ちになりました。

お二人のご新居は鹿児島になるとのこと。
また高知に来られる際には是非、お立ち寄りくださいませ。

拓馬様、瑠里様の末永いご多幸を心よりお祈り申し上げます。

連休最終日

こんにちは。
連休も今日で最終日となりましたね。
皆様楽しい休暇を過ごされたことと思います。

お天気も良く、境内では朝から手づくり市を開催しておりました。

20170507.jpg

午後からは双子ちゃんのお宮参りや安産祈願などの御参拝も頂いております。


さて、来月、6月16日は椙本神社(いの大国さま)の夏祭り。
これから少しずつ準備がはじまります。

0619a.jpg

またお知らせさせて頂きます。